ガチで声優に求められる声

a0002_010313

声優になりたい人はどんな声が声優に求められているかわかりますか?

最近では声優と言う仕事は人気がある仕事の一つで、続々と新人が出てきています。
そんな中、本当の意味で声優に求められる声とはどんな声かわかりますでしょうか?

実は案外答えは簡単で

特徴的な声

です。

今ではあまり考えられないでしょうが、昔の人は単純で

  • 面白い人→漫才師
  • カッコイイ人→モデルや俳優
  • 変な声の人→声優

とかなり短絡的な考えだったのですが、これは案外間違いでもないんです。

一般的には変な声かもしれませんが、アニメキャラによってはその声が抜群に映える場合があります。
なので、自分の声が変でコンプレックスな方ほど声優向きと言っても過言ではありません。むしろ、声優になりたいと思っている普通の人と比較すると圧倒的に有利だったりします。

ただ、これは普通の人は声優になれないのか?と言っているわけではなく、特徴的な声であればあるほど声優に求められていると言う事です。

特徴的な声と言っても特殊な声と言う意味ではございません。

男性なのに声が高い、逆に女性なのに声が低いなど、そういった練習や訓練を重ねる事によって身に着けれる声もあります。
ムリをしない範囲でしないといけませんが、特徴的な声と言うのはこういった部分の事になります。

もちろんこれらも、自分の声と言う武器を持っていてサブ的な要素としてとらえて下さい。いきなり最初から特徴のある声を取得するのはのどを悪くするだけなので自殺行為です。