声のストレッチ方法

a0001_015237

発声練習をする為にストレッチをすればそれで終了と言うわけではございません。ここからもう一つやる事でより声が届くようになります。

発声練習の前にやった「発声前の簡単なストレッチ」はただのストレッチにすぎません。声優と言うのは声を使う仕事をするわけですから、ストレッチ後の声のストレッチも必要となります。
通常のストレッチだけですと身体を温めただけですのでまた違ってきます。

ハミング

声優養成所に通っていない人でも出来る声のストレッチ方法です。

息を全部吐いて、そして息を吸い込み「んー」と発音してください。

意識するとしれば、まずは胸辺りを意識して「んー」と発音すると低い音程になりますよね?一番低く出せる音から、ゆっくりと一番高く出せる音まで発音します。
これを最低でも5回はして下さい。

簡単な発声方法

練習中寝てしまいそうになりますが、めちゃくちゃのどの調子が良くなります。

  1. 10秒かけて肺の中の空気を全て出します。
  2. 15秒かけて鼻から息を吸い肺の中を空気でいっぱいにします。
  3. 15秒かけて「あー」と普段しゃべっている程度のボリュームで肺の中の空気をからっぽにします。

これを5セットしてください。
簡単ですし、誰でもすぐ出来ると思います。
眠たくなり理由は、単調であるのとリラックスするというところがポイントです。

こういった声のストレッチは、声優などの職業に関係のない方でも、カラオケで歌う前に声のストレッチをしておく事でいつもよりもより声が出ます。