声優への偏見について

2013051201

声優と言う仕事についてはまだあまり知られていないようですね。

声優は今では水樹 奈々さんや平野綾さんのようにメディアへの露出が増えてきているので少しづつではありますが認知されてきています。
ただ、まだそこまで認知がされていない職業ではありますよね。

以前、何かの撮影で一緒になった声優とお話ししていた時にこんな出来事がありました。
当時私はあまりアニメなどを見ていない人間でした。
俳優として常に演技の事を考えていた記憶があります。

同じ事務所の人間でしたが、当時話題になったアニメを見てその声優の方に興味を示したらしく、こんな事を言っていました。

○○のキャラのセリフって言えますか?

その声優の方は非常に良い人で、そのキャラのセリフを言っていたらしいのですが、その後それを聞いた人間は

あんまり似ていませんね

と一言。

さすがに、その声優の方もイラっときたのか、

声優がみんな同じ声だったら業界でそんなに人間っていりませんよね?

と、まぁ確かにそうですよね。

逆に俳優に○○の演技してくださいって言われてもまた違いますからね笑

でも、これは一般的には声優と言う仕事がどういった仕事なのかわかっていない人が多いんです。

わからない=偏見と言うイメージでしょうか?

アニメに関してもそうですが、一般的にアニメオタク=萌系のアニメ好きと言う風潮もありますよね。
ロボットアニメが好きな人もいればジブリ系のアニメが好きな人もいらっしゃいます。
これも完全に偏見ですよね。

このように、声優と言う仕事はまだあまり認知されていないので他にも色々と偏見は出てくるでしょうが、そういった時は出来るだけわかりやすく説明してあげて、徐々に世の中の認識を変えていってください。