声優になる方法

a0003_001901

基本的に声優には誰しもがなれるわけではございません。

声優になるにはそれこそ大企業に就職できるような難しさだと思って下さい。

そして、声優として活躍すると言うのは大企業で出世できるような人間だと想像して頂ければ難しさが何となくわかると思います。

まず、簡単に声優になるには簡単に以下のようなパターンがメインです

  1. 声優養成所や専門学校に通うい、所属オーディションに合格する
  2. 声優デビュー出来るオーディションに合格する
  3. 俳優として舞台でも活躍している状態からの転職、もしくはスカウト

一番ありえるパターンはやはり1番の養成所や専門学校に通うパターンでしょう。

声優になるにはそういった声優養成所や専門学校で演技力ももちろん必要ですが演技力以外にも発声や滑舌、そして社会人としてのマナーや常識などを教えてもらえるでしょう。

ただし、現実的に考えて声優養成所に通ったから声優になれると言うわけではございません。声優オーディションはまず養成所に入る時に1回あり、次にプロダクションに所属する時に2回目があり、さらに仕事を取る為にと最低声優オーディションを3回受けなければなりません。

しかも2回目に関しては初級クラスと上級クラスなどに分かれている場合はもう1回増える事にもなりますし、またプロダクション所属オーディションに受からずに何年も頑張り続けている人もいらっしゃいます。

このようにオーディションの回数は他のジャンルの業界に比べてもかなり多いでしょう。