ネット声優がしないといけない事

haisen

1人でするのってとっても大変です

プロの声優と比べてネット声優がしないといけない仕事は非常に面倒な事が多いです。

プロの声優に関しては、マネージャーや事務所側からオーディションの話を持ってきてくれる事が多いでしょうが、ネット声優に関してはそういった話は基本的にありません。

ネット声優は声がかかるまでは待ち続けないといけません。なので、いる仕事がくるのかわからないと言うのもポイントですね。

次は録音関係もそうでしょう。
プロの声優に関しては現場に行き、声を撮ってもらうだけでOKですが、ネット声優はそうもいきません。声の録音も全て自分でしないといけないのである程度の初期費用はかかってしまいます
さらに、声の録音や編集まで全て自分で行わなければいけませんね。

この部分は正直大変でしょう。

後はサンプルボイスなども作らないといけないのでPCからインターネット上にアップロードしないといけないので、ネットの速度が遅い場合は一度見直しを検討するほうが良いでしょう。

このようにネット声優はプロの声優と違って自分自身で現場を作らないといけないので簡単にスタート出来ると言うわけではございません。

それに、ドラマCDの作成となるとスタジオに集まらないといけないので顔バレがNGな方はそういった仕事も受けられないでしょう。