小細工をしてはいけない

GAK_arupakapunpun500-thumb-717x500-2925

ネット声優といえど自分の声にプライドを持ちましょう。

まずネット声優がボイスサンプルを用意する場合に絶対にしてはいけない事があります。

それはボイスサンプルに加工をしない事です。

加工のうち、ノイズを消したり環境音をなくしたりと言うような作業は問題ありませんが自分自身の声に細工をするような行為は絶対にしてはいけません。

ネット声優と言う業界はある意味では信用問題でなりたっている部分があります。

プロの声優からすればボイスサンプルに加工するなんて事は100%ありえませないのでそういった心配はしなくても問題ありませんが、ネット声優の場合だとボイスサンプルを用意するのも全て自分自身で作成しないといけませんよね。

そう考えると正直、少し良く聞こえるように加工をしたくなる気持ちはわかります。少しだけ声が響いているようなエコーをかけたりしたとしても全く意味はありません。

それを聞く側としては素の声を聞きたいと言うのもあるでしょうが、そういったボイスサンプルを送ってきた人は依頼したとしても加工したものを送ってくると言う認識になります。

声に関しては編集する時、正直加工されているものほど使いにくいのです。

なので、そういった小細工は全くの無駄なのでしないほうが良かったりしますよ。