表情と雰囲気だけで芝居をする

D845_akainunowokaburugorira500-thumb-500x750-2538

演技力を鍛える簡単な方法の一つが表情と雰囲気だけでお芝居をして見て下さい

この練習方法は主にセリフと言う物を使いません。それって声優になるには必要な事なの?と疑問に思産方も多いでしょう。

ただこの練習方法はセリフは使いませんが言葉を発すると言う意味ですのでご注意下さい。

まずこれは表情と雰囲気だけでお芝居をすると言う事を頭に入れて考えて下さい。

ルールとして

  1. 発する言葉はぱ行のみ(これは言語で伝えないと言う意味ではどんな物でもOK)
  2. 最低でも3人以上で練習します
  3. 大きなジェスチャーは基本的にNG(日本人が外人に話しかける時のようなジェスチャー)

以上です。

このルールだけで適当な会話のような物を雰囲気で感じ取って見て下さい。

この練習は一人ひっぱっていけるような人がいるとよりスムーズになります。

例えば

  • みんなで雑談をしていたら急に変な臭いがした、おならをした犯人を捜す
  • 最近風邪気味でちょっとのどの調子がおかしいから見てくれない?
  • めちゃくちゃのどが渇いているから何か飲み物下さい

こういった状況を私生活で考えて見て下さい。ちょっとしたジェスチャーはしますが言葉がなくても何となく雰囲気でわかりますよね。

これはセリフにとらわれがちな人がやれば演技が上達する練習方法です。声優を目指している人は結構な確立でセリフにとらわれてしまいがちです。なので、まずはセリフよりも雰囲気を感じ取って下さい。

その時にでた言葉(ぱ行)にのせてセリフを言うだけナチュラルで素晴らしい演技が出来るのです。

ただ、この練習をする場合は色々と設定や内容、メンバーを日々変化させていかないとマンネリ化してしまいますのでご注意下さい。