上達するセリフの覚え方

GAK_mokuseinotukue500-thumb-750x500-2836

まずセリフと言うのは演技のオプションでしかありません。そう考えてセリフを覚えましょうね。

前回お話しました上達しないセリフの覚え方の続きとなります。

まず演技のセリフと言うのは所詮オプションでしかありません。演技と言うのは生もので相手の演技次第で微妙に自分のお芝居も変ってきたりとお互いに影響をしあってよい物を作っていくと言うものになります。

もちろん、お互いがお互いに悪い方向に影響を与えてしまう場合もあるので必ず目的やテーマ性、そして方向性を決めて練習しないといけませんが今回は上達セリフの覚え方をご紹介いたします。

セリフを覚える時は出来るだけ独りでなくそのシーンをやる人と一緒に覚えるようにしてください。

そうする事で相手のお芝居と言うのもわかるので独りで練習するよりもはるかに良くなります。

ただ、この一緒に練習するやり方も実はオススメできない点があります。それは監督や演出家に方向性が違うと指摘された場合です。
そうなると今まで身体で覚えてきたセリフを一旦忘れないといけません。

忘れる作業と言うのは覚えるよりもはるかに難しくて、身体で覚えてしまったのなら余計に大変です。

なので、セリフを覚える方法としては

早口言葉で覚えるようにしてください

これは演技をまったくしません。
ただ純粋に早口言葉で覚えるだけ覚えるのです。

早口言葉で覚えるメリットに続きます。