学生が出来る授業を利用した発声方法

muscle

発声は声を出す練習の一つですが授業中でも出来る発声方法もございます。

普通の授業中、声を出せる授業は限られてくるのでめぼしはつけれると思います。

音楽の授業

発声方法=音楽だと普通に考えるとそうですよね。
音楽の授業は歌う歌う事もそうですが、音を聞く事を中心に受けてください
歌っている時は意外と人の声や音をしっかりと聞いていない事が多い人は特にそうです
周りの音と自分の音を比較したりする事も大切なのでいつもより周りに意識をするようにしましょう。

体育の授業

そうです、声を出せる授業は体育の授業も出せますよね。
ただ、体育の授業は声を出すというよりも発声を上手くするための全身の筋肉を鍛える事を中心にした方が良いかもしれませんね。

もしも今養成所に通っている人は、人を応援する時に学んだ発声方法で応援したり、呼吸法をするのも良いかもしれませんが、まだ養成所に通っていない人は間違った発生方法をしてのどを痛める危険もあるので、そういった方は出来れば発声よりも体力や筋肉をつける目的で体育の授業を受けてください。

など、通常の授業があまり面白くないなと感じている人も全て声優になる為の勉強と考えると前向きに取り組めるのではないでしょうか?