あがり症が声優になれない理由

a1380_000373

声優になりたい人であがり症の人はが何故声優になれないのかお話し致します。

あがり症と言うのは人前で何かをする時に緊張してしまうと言う事ですよね。
なので声優として仕事をもらう為やプロダクションに所属する為のオーディションを受ける時もかなりの人に見られ、あなたの実力が出せないまま終わってしまう事がありますよね。

そういった理由からあがり症の人は声優になるのは難しいと思います。

だからと言って今すぐ声優になりたいと言う夢を諦めるのだけはやめて下さい。

今学生のあなたは人間がたくさんいる環境で毎日過ごしているので今できる事をしてあがり症を克服するようにしましょう。

最低でもあがり症の事について調べるなり、あえて人前に出ないといけない何かをしたり、引き受けたりと何かしらをやっていくとそれなりに変化が出てくると思います。

そういった意味では社会人になると人間がたくさんいる環境で何かをする機会もないと思うので苦労すると思います。
学生時代であれば生徒会長にあえて立候補したりと冒険的なチャレンジも出来ますがそうはいきません。

私の場合はもともとあがり症ではなく、どちらかと言えば人前に立って何かをするのは好きでしたのであまり苦労はしませんでしたが、オーディションを受ける時はそれなりに緊張しましたしあがる事もありましたが、緊張しないオーディションもいくつかありました。

これは人によって変わるので違ってくるかもしれませんが、あがり症は自信がつけば克服されます。

あがり症に関してまとめた記事はこちら