日常生活で出来る演技の練習

a0790_000130

今までにも日常生活で出来る演技にや声優にかんする事を書かせていただきましたが今回は少し特殊な方法をご紹介いたします。

日常生活ではいきなり演技をするとなると友人が違和感を感じてしまいますよね?

例えばいつもは普通に話しているのに、急に目を見て話すようになったり、いつもは適当に返事をしていたのに的確に相槌を入れるようになったりと相手に対して何か悟られるような方法ではございません。

どちらかと言えば失敗すると「ぼーっとしてるね?」と言われるような内容です。

それは自分がしゃべった内容を瞬時にもう一度頭の中で再生させる事です。
そして、相手がしゃべっている事も頭の中で再生させて下さい。
コツとしては頭の中で文字を思い浮かべるとやりやすいかもしれません。

これはお芝居をしている自分を客観的にみるテクニックです。

日常生活ではセリフはなく、その時に思った感情で会話をしていると思いますが、会話を頭の中でなぞると少し冷静になっている自分がいます。
そうやって徐々に自分を客観的に見ていくと自分のお芝居と言うものが見えてきます。

ただ、弱点としてはこれが癖になってくると最初は会話を楽しめないので1日1回だけとか、使うタイミングを考えてみて実践して下さい。

学生の場合は授業中の先生の言葉をそのまま頭の中でもう一度再生させると授業内容が頭にはいるので成績も上がるかもしれませんね笑