家で発声練習する方法

image004

雨が降っている、お金がない、夕方以降など声優を目指している人は練習する時間が限られてますよね。

やっぱり声優になりたいとお考えの方は外で練習やお金を使わずに練習をしたいと思う人が圧倒的に多いでしょう。

アルバイトをしながらや専門学校に行きながら自主練習をするとなるとどうしても夕方以降の時間帯からしか練習出来ませんよね?
ただ夕飯終わりの時間帯から大声を出して近所迷惑になるのも問題ですが、そんな暗い時間から練習となると男性の方は大丈夫でしょうが、女性の方だと不安ですよね?

なので、出来るだけ家で練習出来るのであれば家で練習したいと思っている方は以下の方法を試してください。

これは動きなどは制限されますが、ハンドタオルは少し小さいのでせめてフェイスタオル程度の大きさのタオルを用意して、それを口周りを押さえられるサイズまで折りたたみ、押さえます。バスタオルとかの場合は重たいので手が疲れてしまいます。

そうする事で声がタオルに当たるので従来よりかは響きません。

ただ、この方法は試して頂ければわかりますが隣の部屋の鼻歌が聞こえるような環境であれば正直あまり意味がありません。

なので、どちらかと言えば練習前のちょっとした滑舌練習やハミングなどの時にやってください。
壁そこまで薄くない場合は簡単なセリフ練習もする事が可能なので、ちょっと夜中に練習したい時や声優養成所の課題を覚えていない時などそういった時に使って見て下さい。