力をセーブしてしまう夜中の発声

N116_nemuranaioffice500-thumb-750x500-2024

声優養成所に通っている方でアルバイトが忙しく夜に練習をしている人は要注意です。

プロの声優でない限り、生活費をアルバイトなどで稼がないといけませんよね。
そうなると、どうしても練習出来る時間が夕方から夜になってしまい、大きな声を出して練習をする時間が限られてしまいます。

そういった日々が続いている人は、要注意です。

発声練習と言うのは普段の自分の声のMAXの大きさや高さ、低さなどを広げる為に行います。
なので、リラックスした気持ちで行うのが一番良いとされています。
ただ、夕方や深夜にかけて練習をするとなるとどうしても力をセーブしながらの練習になってしまいますよね。

一ヵ月に数回だけとかであれば問題ないと思われますが逆の場合は、出来るだけ普段から大声を出せる環境を作りましょう。

普段からセーブした発声練習をしていると癖がついてしまい、最終的には本人が全力で発声練習しているつもりになったとしても無意識のうちにセーブしてしまっている可能性も勿論あります。

これは身体が一度覚えてしまうとなかなか忘れられません。
なので、これから声優になる方は夜や深夜の練習に関しては出来るだけ滑舌のみにしておいて、自由に大声を出せる環境で発声練習が出来るような環境を作る、もしくは探しておきましょう。

あなたの声優人生で大きな弱点にもなりかねませんのでそういった事にならないように気をつけましょう。

もし、どうしても深夜や夜にしか発声練習が出来ない人やしたい人は前回もお話しました練習するのに最適な場所身近にある意外な練習場所の記事を参考に少し割高になってしまう場合もありますがカラオケや音楽スタジオなどで練習する方がステップアップはしやすいでしょう。