ペットボトルで出来る肺活量の鍛え方

今回は2Lのペットボトルを用意します。

今家に2Lのペットボトルはありますか?
ただし、用意する場合は炭酸飲料以外のペットボトルを用意してください。

炭酸飲料のペットボトルは外側が非常に硬く出来ているので肺活量を鍛えるのには向いていません。
触った感じ簡単につぶせそうなものであればそれを使います。

使うのはペットボトルだけなのに中の飲み物に関しては他に移しておいたり、飲み干してください。そして、一度水洗いしてから使いましょう。

  1. 空気を全て出します。
  2. ペットボトルを加えます。
  3. 勢いよく吸ってペットボトルをへこませます。
  4. 次に息を吹きかけてペットボトルを元の形にします。

これを1日10セットから30セットくらいするだけで今よりも肺活量は鍛えられるでしょう。ただ、純粋に息苦しいので長時間やり続けるのはオススメ出来ません。
なので5回やったら一度深呼吸を1回するなど無理をしない程度にやってみて下さい。

参考になる動画を見つけましたので一度見て下さい。
動画自体はただペットボトルをへこましたり膨らませたりしているだけなので面白みはありませんが、方法としてはこういった方法が一番良い方法です。

ペットボトルで肺活量の鍛える動画