運でデビューしたその後

a1380_001140

運だけでデビュー出来たとしてもその後が続かないと意味がありません。

声優と言う仕事は緒御所や評判がよくない限りは基本的に仕事がオファーと言う形では来ないです。
基本的にはずっとオーディションを受けて受かった人だけが仕事を貰えるシステムなのでたまたま運が良く、声優デビューが出来たとしても別のオーディションでは受からない事も沢山あります。
それにこんなパターンもあります。

運良くオーディションに受かり、いざ現場に入ってから演技が下手な場合は勿論ありますよね。
新人の場合や現場に慣れていない人は、監督次第ではありますが最初は沢山迷惑をかけないと言う方も多いです。まぁ、あまりにもミスが多いと怒られます。

ただ、最初の収録以降も一向にミスも減らず、演技力も向上しないとどうでしょうか?
運だけで受かってしまったために、本人は努力しているのですがその努力が演技力に追いつかず結局は周りからは演技が下手な人と言う認識になってしまいます。

業界は狭いと言われるように悪い噂が流れると直ぐに広がります。

なのでたまたま受かったとしても次のオーディションがあってもそのオーディションに呼ばれもしない可能性も御座います。

そうなれば声優としての将来は非常に困難な道のりになってしまいます。

世の中にはたまたま声優になれる人も存在はします。

それよりも、実力で声優になっている人の方が圧倒的に数は多いです。
なのでまずは声優養成所で習ったことをしっかりと復習し、最低限必要な滑舌、発声、演技力を向上させる事が何よりも優先なんじゃないでしょうか?

本当に真剣に努力すれば必ず結果はついてきます。