演技以外の授業について

l_01

声優になる為に、いろいろと勉強しないといけませんが演技意外の授業の意味は何でしょうか

一番疑問に思っている方も多いでしょう。今回は演技以外の授業についてを考えていきましょう。

発声と滑舌

これは声優になる為には当たり前の授業ですよね。まず、何を言っているのかわからないと何も伝えられないと言ういみでは滑舌は必要ですし、発声に関してもしっかりと通る声を持っていないと意味がありません。声優になるには一番の基礎中の基礎と言っても過言ではないでしょう。

朗読

これは声優と言う仕事と直結しているからわかりやすいですが、読み伝えると言う意味では一番実力が問われる部分でしょう。華やかではないのでぱっとしたイメージではありませんが発声練習と滑舌の練習をしていないと間違いなく出来ません。

ダンス

声優は身体を使わないからダンスや日舞は必要ないと思っている方は非常に多いでしょう。ただ、これらの内容としては表現力とスタミナ、そして運動する事で良い姿勢を保つ筋肉をつけるなど様々な効果があります。ある意味一番声優としての授業としては遠いように思われていますが、縁の下の力持ち的な要素がある事を忘れないで下さい。