持っていないと恥ずかしいアクセント辞典

122

言葉のアクセント、しっかりわかっていますか?地方出身者の方が一番悩み、苦労すると言われているのがアクセントですよね。私は神戸出身なのでもちろん苦労しました。

私と同様に地方出身の方もそうですが、意外と関東に住んでいる人もアクセントに関しては苦労していた印象がありますね。地方出身者の場合はまず言葉が違う場合もありますし、アクセントも全然違う場合もありました。

ただ、関東に住んでいる人でアクセントがずれてしまっている人や両親が地方出身で、その中途半端ななまりの影響を受けている人はかなり苦戦していましたね。

まず、地方出身者の場合は言葉が違う場合はそれを覚えれば良いだけですし、アクセントに関しても全然違うので新しく覚えなおせば以外とスムーズに覚えられるものです。課題で1ページの台本があればむしろ、その台本全てのアクセントを調べながらセリフの練習が出来るのでやればやるほど身についてきます。

ただ、関東出身の方の場合は微妙にずれている人が多く、微妙にずれているからこそ覚えにくく、忘れてしまうケースも多いですね。それだけではなく台本ページの場合も自分自身の中ではずれていないと思っていても、案外ずれてしまっている事も多いです。ただ、地方出身者のように自分のアクセントは標準に近いと言う怠慢を招いていまっている人は非常に多かったです。

そういう意味ではアナウンサーのようにきちんとした標準語しゃべる家庭で育っていない限りは、どこに住んでいようがなまりは必ず誰しもがあります。

なので、地方出身者よりも関東に住んでいる方は特にアクセントには気を付けて頂ければと思います。

もし今現在お持ちでない方は是非購入しておきたいですね。

新明解日本語アクセント辞典 CD付き