良いひいきと悪いひいき

a1180_005103

たまに噂で聞く声優養成所のひいきについてお話します。

声優業界だけでなく、俳優やモデル業界でもあるのがひいきについてです。このひいきと言うのは良いひいきと悪いひいきの2種類が存在し、どちらともそれを見ている側としては良い気持ちはしないですよね。

まずはどういった例があるのかみてみましょう。

悪いひいき

悪い意味でのひいきとは特に演技が上手いわけでもなく、技術力があるわけでもないのにひいきされているパターンです。これはさらに2種類にわかれるのですが1つ目は講師にこびを売っていて、ある程度仲が良いパターンですね。これはまだ許せる範囲なのですがもう一つは下心があるパターンです。

最近の声優はアイドル声優と言われ年齢層が若くて外見も整った方が増えてきました。声優養成所ではそういった方に対して下心がある講師もたまにいらっしゃるようです。

良いひいき

これは演技などを認めてくれているパターンですね。純粋に努力しているなどの部分を講師に認めてもらっているからこそ、ひいきしてくれるのです。

ひいきについて

どちらにしてもひいきをされているのを見ている側としては面白くありませんよね?かと言って講師も人間です。どんな講師に当たるかはわからないのでどうしようもありませんよね。

ただ、良いひいきは声優になるには必要な部分でもあります。講師陣だけでなくマネージャーや社長に気に入られる事でプロダクションに所属できる例は多いのです。そう考えると実力があってこそのひいきは声優になりたいと言う人にとっては悪いものではないでしょう。