声優オーディションの対策とは

a0001_008139

声優オーディションと言うのに関して一番初めに見ていただきたいページです。

今では声優と言う仕事は非常に人気のある業種となりつつあります。これは昔に比べると声優と言う仕事が増えた事も勿論ありますよね。

一番大きな部分としてはやはり深夜アニメじゃないでしょうか?アニメと言うジャンルが子供向けから大人向けに変わる事で需要が一気に増えたように感じました。昔はアニメと言えばスポーツ系などの青春物が多くそのアニメの影響でスポーツを始めた人も多いように、今では普通にアニメを見て声優に興味を持つという時代になりました。

それに、アニメだけではなく今ではアイドル声優と言い声優と言う仕事だけでなくアイドルのように歌う仕事も増えてきましたこともそうですよね。

昔からあるようにキャラクターソングもありますが今では声優同士でユニットを組んで歌を出したりもしますうし、それ以外でもラジオ番組やテレビ業界でのタレント活動など声優と言う仕事だけでなく色々なメディアで多種多様にわたる仕事をし始めたのも人気になった理由の一つでしょう。

そういった声優になるにはそうすればよいのか?まずは声優オーディションを受けなければ始まりません。

この声優オーディションと言うのも実は数種類あり、素人が声優としていきなり活動できるわけではなく養成所と言うところに通わないといけません。ただ、この養成所に入るのにも実は声優オーディションと言うのがあり受かった人しか授業を受けれない仕組みになっているのです。

そして、声優養成所で数年間勉強し次に待っているのがプロダクションへの所属する為の声優オーディションがあります。このオーディションに合格しないと声優として仕事を貰うことすら出来ません。

そして、最後にプロダクション所属になってからが本番で配役を決めるための声優オーディションが待っています。このオーディションにたどり着くまでに残っている人は1,000人に一人とも言われています。これは一番最初の声優養成事務所に申し込みをした人数から考えるとあながち間違った数字とはいえないでしょう。

それに配役を貰えると考えるとその数字ももっと膨らむでしょう。

声優オーディションと言うのはそこまで過酷なものなので気軽に声優になれると考えている方は正直もう一度考え直してください。最後にまとめると声優になるには最低でも声優オーディションを3回受けなければなりません。その全てに合格して、初めて配役にありつけます。

ただ、これはみなさんにわかって欲しいのは難しいからと言って簡単に夢を諦めないで欲しいと言う事です。

私は俳優として何度もオーディションを受け沢山落ちましたがいくつか仕事も頂きました。

その中で声優オーディションにも屋役立つであろう対策について私のわかる範囲ではございますがご紹介させて頂きます。