役をとるオーディション

20110510101046-192

見事声優プロダクションの所属になってからの大きなもう一枚の壁ですね。

声優にとってもう一つのかなり大きな壁の一つがこれです。声優プロダクションのオーディションには無事合格できたが、役をとるためのオーディションがなかなか決まらないと言う人も結構多いようです。

これは需要と供給のバランス的に声優になりたい人と声優関係の仕事だと仕事の方が圧倒的に少ないと言う部分になります。そして、これからずっと声優として仕事をし続けれるかと言うとそうでもありません。

新人声優の仕事が決まらない理由の一つとしてベテラン声優と一緒にオーディションを受けていかないといけないと言う部分もありますね。やはりベテランと言われている人と一緒にオーディションを受けると言うのは委縮してしまうのかもしれませんね。

その後、何とかオーディションに合格し、スタッフに気に入られると指名で仕事が貰えるケースもあります。ただ、そういったケースは新人声優にはあまりなくある程度経験と実績がある方でないと難しいかもしれませんね。

基本的には声優業界は実力社会です。なので声優業界に対して少しでも甘い考えを持っているのであれば考え直しましょう。声優と言うのは1年や2年で簡単になれるものではありません。