普段から人と接しよう

E146_hontouniarigatougozaimashita500-thumb-750x500-2567

あがり症を治すにあたって人と接する事でより早く治していけます。
少し難しいと思いますが挑戦してみてください。

先日の今すぐ出来るあがり症の治し方でお話ししましたあがり症の治し方は、自分1人で出来る事と簡単に出来る事でしたが、通常よりもハードルがあがりますがより効果的な方法をご紹介いたします。

ありがとう

何に対しても「ありがとう」と言う一言を言いましょう。 どんなシーンでも構いません。 コンビニでお釣りや品物を受け取った時にも「ありがとう」、落とした物拾って貰った時も「ありがとう」、人に親切にしてもらった時は必ず言うようにしましょう。

もしも声優のオーディションを受ける時も必ず最後に「ありがとうございました」この一言はあなただけでなく周りも幸せにする魔法の一言です。

これは人に対して何かを発言すると言う事でコミュニケーションをとる方法です。

相手の反応がダイレクトに返ってくるので少し怖いかもしれませんが、不幸せにするような言葉ではないので大丈夫です。

ついてる

これは人とは関係ありませんが、ついていると言う言葉を言うだけで自分自身の人生がめちゃくちゃついてきます
例えば、天気予報では雨なのに外に出ると晴れている、渡る時は信号が青だった、赤ちゃんが自分を見て笑ってくれたなど自分で良い気分になれる事があった場合にひとことついていると言葉として発しましょう。

めちゃくちゃついている人が自分自身に自信がないなんて話は聞いた事がないですよね笑

これはお金もかかりませんが、やり始めは精神的に少ししんどいと思います。
ただ、慣れてくれば自然に「ありがとう」「ついてる」は出てくるようになりますし、そのころにはあがり症もだいぶマシになっているでしょう。