のどは商売道具

N745_bokuhatoruminogasanai500-thumb-750x500-2056

声優にとってのどは商売道具ですよね。商売道具をどう使うのかが声優としての将来が決まります。

声優ののどは、音楽家にとっての楽器であったり、お寿司屋さんの包丁であったりしますよね。
ただ、違うところと言えば人間の体の一部ののどと比べると楽器や包丁といった物は買い替えが可能ですよね。

体調管理

なのでまず故障と言うか壊さない事が重要ですよね。
楽器は故障売れば修理にだし、その間スペアで練習出来ますがのどはそうはいきません。
のどを壊してしまうとその分練習は出来ないので、その間ライバルに差をつけられますし、またどうしても出たいオーディションがあったたとしても参加出来ません。
なので、体調管理は絶対にしっかりとしておきましょう

良くする方法

包丁であれば研ぐことで切れ味を良する事が出来ますよね?
ただ、のどの場合はそんなに簡単に良くする事は出来ません。

ただ、実際によくする方法自体はあります。
それは

ひたすら練習をする事

です。
一度ボーカルのレッスンで受けた発声の先生曰く、ボイストレーニングはすればするほど良い音になるから、やればやるほど上手くなりますよ。ただ、逆にサボればサボるほど下手になるので、本気でやりたいならサボらない事が重要と話していました。
確かにそうで、私は今は俳優業をしていないので現場から離れて時間がたっていますが声はほんとうに出なくなりました。
この間も電話で会議があった際も同様に二時間ほど話をしたら少しのどがかれてしまいました。