声優と俳優のお芝居について

JS745_ikakuneko500-thumb-753x500-2667

お芝居と言うのは自分自身の経験や想像を表現する事にあります。
例えば人間の感情の喜怒哀楽を例にとって考えた場合、一番簡単な怒りを例に出してみましょう。

俳優の場合、怒りを表現する時は全身を使って表現できるのに対して声優の場合は声のみで表現となります。
怒りを表現する場合は結構自然に身体が動いてしまいますが、これを声だけで表現するのは少し難しいでしょう。

なので、俳優出身の人が着ぐるみや紙芝居なので感情表現をするのは結構伝わりにくかったりします。
逆に声優出身の方がドラマや映画で感情表現をする場合、結構簡単に行えます。

人間は感情を表現する時、声と顔は同じ動きになります。

怒っているお芝居をしている時は怒っている顔になりますし、悲しいセリフを話す時は悲しい表情をしています。

なので、表情のお芝居だけで見れば俳優も声優もそこまで違いはありません

ただ、声優は俳優と違って自分自身の表情の研究はそこまでしていないと思うので表現力の差は俳優に部がある場合もあります。

結果、お芝居についてもそれぞれに特徴があるのでそれぞれの仕事内容にあった練習方法をしておきましょう。