のどの開け閉め

a1380_000023

発声練習の時に勘違いしてしまいがちなのが口を大きくあけることです。

まず、大きな声を出す時に口を大きく開けて「あっ!」と叫ぶ人もいますが、これは半分正解で半分間違いです。
口を大きくあけないと大きな声が出ないと思うのは当たり前ですが、ではその声は何処から出ているかを考えれば非常にわかりやすいかもしれません。

のどが開いているか閉じているかを自分ののどで確かめてください。

開いているか閉じているかわからない方は一度あくびをして頂ければわかります。
あくびをしている時ののどは開いている時ののどです。

一度あくびをして、その形のまま口を閉じてください。
これがのどが開いていると時の感覚です。
感覚がつかめるまで何度でもやりましょう。
あくびに関しては身体がリラックスできるので何度しても悪影響はありませんしね笑

発声練習をする時は出来るだけ口だけでなくのども開けてするようにしてください。

腹式呼吸で吸い、お腹で響かせた声をそのまま口から出すと考えるとのどがしまっているとその分のどにダメージがくるのと大きな声が出せないと言うのは想像できましたでしょうか?

声優の養成所ではもう少し具体的に教えて頂けると思いますので、今よくわからない方はレッスンを楽しみにしていてください。