台本の流れを把握する

N811_udewokumudansei500-thumb-500x672-2149

声優養成所でもそうですが、事前に台本を貰った場合は流れを把握しましょう。

あなたがオーディションでアニメキャラの役を貰った時、まず最初にして欲しいのは物語の流れを把握することです。

把握するというのは台本を読むだけですが、実際に黙々と読まずに声を出して読んで下さい。なので電車の中では読まず、家に帰ってからでも構いません。
こういった読み方を素読みといい、特に感情をこめずにそのまま読んでいきます。

これは物語を把握する為だけでなく、自分が知らない漢字の読みを書いたりするのにも非常に役立ちます。

ただ、私が舞台を経験している時に所属していた劇団では素読み後すぐに本読みと言う形である程度の雰囲気を出して全体の流れをつかむと言う事をもう一度しました。

二回やるのはしっかりと流れを覚えさせる為でなく先ほどの素読みで読めなかった部分の訂正がしっかり出来ているかの確認もございます。
勿論素読み後1時間程度ではありますが時間はありますので、その間に読めなかった部分を把握していました。

一番記憶に残っているのは初めてコメディー系のお芝居の本読みをした時に間とタイミングがわからなくてめちゃくちゃ滑った記憶があります。

勿論本番では笑いをとる事は出来ましたが、間とタイミングを外すだけでここまで面白くなくなるのかって思った事があり、本読みの段階で面白くなく感じてしまうと練習も苦痛に感じてしまうので本読みをするまでにある程度内容を覚えておくことをオススメします。