アニメの役を貰えるまで

a0002_001038

アニメ声優として活動するには流れをしっておかないといけません

まずアニメ声優になるにはアニメ声優になる為のオーディションでもご紹介しましたようにオーディションを受けなければいけませんよね。

ただこのオーディションはどうやって受けるのか知っていますか?

主なオーディションの流れとして、声優プロダクションに所属している人全員が受けられるわけではございません。

考えてみればわかるのですが、日本全国にいる声優が全て1つの作品のオーディションに応募するとなると審査する側もかなり大変ですよね?1つの作品の主要キャラ5人を決めるのに3,000人以上の人間を審査するのは骨が折れます。

なので、まずは声優事務所側でオーディションを受けた後他の仕事がなくて仕事が受けられる人を選びます。

次に時間的に余裕がある人に、オーディションの日程と仕事が決まったときのスケジュールを確認します。

これだけでもかなりの人数が絞れるでしょう。

そして、その後ボイスサンプルと言うのを審査する制作会社に送り、監督の理想的な声を持ってる人や、興味がある人を選び、そこで初めてオーディションを受けられます。

ほとんどの人がこのボイスサンプルで落とされる事になりますのでそういった方は一度受かるボイスサンプルをご覧下さい。この中で紹介している方法などを試して少しでも制作側の人間の興味をひきましょう。

また、今現在プロとして活躍している方に関しては声も有名なのと実力があるのもわかっているので自動的に最後のオーディションに組み込まれる事が多いでしょう。

アニメ声優を目指すなら、そこまでの位置に行きたいですよね。