学生のうちにしておく事

osatu

学生のうちに声優になりたいと考えている人には是非学生のうちにやっていて欲しい事があります。

これは状況にもよりますが両立です。
自分自身がどれだけ声優になりたいかと言う部分で両立できるかどうかがポイントです。

  • アルバイト
  • 部活動

この2つを経験してほしいです。
アルバイトに関しては何度もお話ししている通り、声優になるにはお金がかかります。
しかも養成所に通うのは1年だけでなく2年から3年と通えば通うほどお金はかかります。

トータルで100万近くかかるケースもたくさんあります。
なので、事前に資料請求をしておきトータルでかかる金額をある程度理解したうえで貯めていきましょう。

そして、次に部活動についてですがこれは部活動と言うよりも青春を味わって欲しいと言う意味です。
声優志望者と部活動でも書きましたが部活動をしている中で縦社会のルールも学べますし、もしも運動部であれば他校との勝負などイベントはたくさんありますよね?
そういった学生でしか味わえない甘酸っぱい経験を味わっていてほしいのです。

ただ、大会前で練習が厳しくてアルバイトが行けない事や、アルバイトがしんどくて部活動に行けないなど自分自身の中で両立が出来ないと感じた場合はどちらかに絞って下さい。

両立できるのにこした事はありませんが、人間向き不向きがあるのでそういった場合は今自分の中で重要だと思う方を優先させましょう。

そういった決断力も声優になるには必要になってきます。
同じ時期にやってみたいキャラや役のオーディションが入った場合どちらを優先するのかなど、そういった経験を今から積んでおくのもありだと思います。

片方が落ちるかもしれないから両方受けると言う甘い考え方は通用しません。
もしも両方受かった場合、片方を断らないといけませんよね?
受かったのに断るなど、言語道断ですしまた、そういった噂が業界に広がると仕事のオファーもなくなります。

なので、自分の中の優先順位を言うのをつけれるような人間になりましょう。