セリフを理解していますか?

b0162394_20144137

セリフを理解し、話す事でその台本の中で生きていけると言うことになります。

セリフを話すと言う事はその物語の中で生きていると言う事になります。そして、生きると言う事はセリフを理解していると言うことになります。
どう言う事なのかご説明させて頂きます。

知らない言葉や単語ありますか?

セリフをしゃべるとき、自分自身が知らない単語や言葉があるのかないのかは必ずチェックしておきましょう。
その言葉を発すると言う事はその言葉を知っているという事ですよね?
なので、その言葉と言うのはどういった物なのか?どう言う経由で知る事になったのかなどを理解する事が大切です。
これはその世界観の中では当たり前とされている固有名詞でも同様ですね。
もう少し詳しく知りたい方は以前お話した知らない物をなくすで詳しくご紹介しております。

自分が使わない言い回ししていませんか?

自分が演じるそのキャラクターは普段の自分が絶対に言わない言い回しをしてませんか?有名なアニメ作品で言えば涼宮ハルヒの憂鬱の「キョン」と言う主人公です。かなり独特な言い回しを使ってセリフやト書きをしゃべっています。
この独特な世界観を理解するには何度も台本を読んでそのセリフを最低でもすらすら言えるようにしておきたいですね。

アクセントに気をつけて下さい

これはその世界観での話しですがアクセントがおかしいキャラクターと言うのは基本的に存在しません。今のあなたが地方出身で標準語が話せない場合はまず最低限標準語になれる事が必要となります。声優になるには最低限出来ないといけない部分がありますのでアクセントに関しては常識の範囲内でしょうね。
アクセントの上達に関しては持っていないと恥ずかしいアクセント辞典をご覧下さい。